Latest News

/Latest News
Latest News2018-02-27T22:51:36+09:00
1707, 2019

感覚系 事始め〜Sensory system 101〜

By |July 17th, 2019|Categories: News|

この秋に、東京から奈良へと移転をいたします。 そのスタジオのプレオープン イベントとして、イントロワークショップを開催します。 『感覚系 事始め〜Sensory system 101〜』 ピラティスやヨガ、ダンスなど運動を行う時に重要な『感覚系』 視覚や聴覚などのいわゆる五感から、そこに含まれない第六感(!)まで どのようにして働くのか、そしてその感覚を使って動くとは? を探索していきます。 日時:7月28日 (日) 10:30〜12:00 場所:Suma wellness studio 橿原市久米町569 ウエストゲート神宮前401 橿原神宮前駅 徒歩1分 料金:2,000円 講師:ラジカスキー万由子 お申し込み先:info@ajmea.org タイトルを『感覚系 事始め』とし、お名前、ご連絡先、ダンスやピラティス等の経験年数をご明記ください。 ご参加をお待ちしています!

1902, 2019

【満席となりました】 プレピラティスのための機能解剖学

By |February 19th, 2019|Categories: News|

3月8日〜からのプレピラティスのための機能解剖学講座は満席となりました。 キャンセル待ちをお受けしますので、ご希望の方はお問い合わせください。     4月より開講の身体運動学、神経生理学の講座は参加受付中です。  

1601, 2019

2019年 春学期 スケジュール update

By |January 16th, 2019|Categories: News|

2019年 4月1日からの講座のスケジュール、内容を更新しました。 昨年行った身体運動学に加えて、この春学期は神経生理学も行います。 身体運動学では身体の構造を解剖学的、そして力学的な視点から学びますが、神経生理学ではそれを動かす神経機構について学んでいきます。 クラスの詳細は下のリンクをご参照ください。 身体運動学 神経生理学 また、3月にはプレピラティスのための機能解剖学の講座を行います。 どの講座も募集を開始していますので、ご興味のある方はお問い合わせください。 お問い合わせはこちらから。

2708, 2018

背骨の”積み木”はどこにある?

By |August 27th, 2018|Categories: News|

背骨を立体的にイメージしてみましょう。背骨と聞いて、皆さんがよくイメージをする積み木のような部分は、身体のどの辺りにあるでしょうか? 腰に手を当てることによって背骨に触れることができますが、それは椎骨の棘突起と呼ばれる部分です。棘突起の前には指1本分ほどの太さの脊髄の通り道があり、それよりも前に積み木の部分である椎体があります。 腰に手を当てて感じられる背中の表面に近い部分は重さを支えるには適しておらず、重さを支えてくれている椎体は棘突起から指2~3本分内側に入ったところにあります。 これはおへその高さで輪切りにした胴体部分のMRI画像です。白く映っているもの(Vとかいてあるもの)が椎骨です。椎体の前側が胴体のほぼ中央に位置しているのが見てとれます。ピラティスのエクササイズ中には”背骨の前側”へ意識を向ける声かけをすることもありますが、この場合背骨と言っても背中側でなく内臓の奥深くをイメージする方が良いかもしれません。 先ほどのMRI画像でPsと書いてあるものは大腰筋です。椎体のすぐ脇にあるのがわかります。仰向けで脚を動かす時にお腹の奥深くを使っている感覚があるのはこの筋肉が働いているのを感じているのかもしれません。そして横隔膜の腰椎部は内臓の奥深くで、この大腰筋と連結しています。 解剖学の教科書を見て知識として頭で理解することも大切ですが、実際の動きの中でその知識を活かしていくためには身体を通じて分かることが大切です。自分の身体に当てはめてみて、感じることによって”役立つ解剖学”となるのではないかと思います。 MRIの画像はこちらより   * * * * * 9月開講、コース受講生募集中 ・身体運動学  ・触診法(*金曜コースは残席1名となりました)

2308, 2018

肩甲骨周囲の触れ方

By |August 23rd, 2018|Categories: Video|

  肩甲骨周囲の解剖学についてのビデオを作りましたので、ご覧ください。 9月に触診法のクラスを開催します。ご興味のある方はお問い合わせください。

2108, 2018

重力と運動の関係

By |August 21st, 2018|Categories: News|

本のたくさん詰まった重たい段ボール箱を床に置く時。段ボール箱をゆっくりと床に降ろしていくよりも、パッと手を離して床に落としてしまう方が楽です。というのも、わたし達は地球上に住んでおり重力の影響を受けているために、質量のある物には常に地面の方向に向かって落ちる力が働いています。 ゆっくりとコントロールをしながら物を降ろしていくためには、重力によって地面の方向に引かれる力に程よく”負けながら”降りていかなければいけません。腕相撲で負ける時に、抵抗しながら負ける時は抵抗しないで負けるよりも大きな力が必要であるのと似ています。 腹筋で頭を持ち上げたところからゆっくり降ろそうとすると大変ですが、力を抜いてバタンと降りてしまった方が楽です。これは段ボール箱を床にドスンと置いたり、腕相撲で抵抗せずに負けるのと同じです。しかし、この時に筋肉を鍛えるチャンスがあります。特にマットで行うピラティスでは、ゆっくりとした動きでエクササイズを行うことで重力を上手く抵抗として使いトレーニングを行っています。 (画像:『Pilates Anatomy』より) 日常生活の中でもこのような場面はあります。たとえば椅子に座る時、椅子にドスンと座るということは重力に任せて身体を椅子に落下させていることになります。自分の膝や股関節を使ってゆっくりと椅子に腰掛けることで、座る動作をトレーニングにすることもできます。 このように力学的な視点を取り入れることによって、運動の方向やスピード、セットアップの方法など、運動の選択肢が広がります。 * * * * * 9月開講、コース受講生募集中 ・身体運動学  ・触診法

1808, 2018

身体運動学 2018 秋学期 スケジュールupdate

By |August 18th, 2018|Categories: News|

目に見えない力なんて言うと超能力でもあるのかと思われるかもしれません。しかし、私たちは日ごろから目に見えない力に接してしています。この目に見えない力の1つが重力。地球上に住んでいる私たちには、宇宙空間へ行かない限り常に重力がかかっています。重力があることによって私たちは地球から放り出されることなく地上に居続けることができます。 重力によって物が地球の中心方向へ向かって自然に落ちるように、知らずしらずのうちに身体は重力からの影響を受けています。歳を取ると背が縮むというのは重力によって受ける身体の重さを支えきれずに背骨や椎間板の厚さが減ってしまうとされています。寝たきりになったり、適度な運動をしないと骨密度が減ってしまうのも重力との関わりがあります。 このような重力の影響は、あらゆる運動に関わっています。学生の頃、理科の授業で習ったように、そのような力はある程度推定することができます。どのような力が身体へかかっているのかを頭の中で捉えることができれば、なぜ姿勢が捻れてしまうのか、なぜ痛みが出てしまうのか、などを推測することができるようになります。 身体運動学とは解剖学や物理学などの幅広い理解に基づいてヒトの運動を分析する学問です。この講座ではヒトの身体運動を理解するための力学的な基礎から個々の関節に関わる運動について学んでいきます。 ピラティスなどのエクササイズを学ぶ時、どうやってやるのか(how to)の方にフォーカスが置かれがちで、なぜそのように行うのか(why)まで学べることは多くありません。昨今、ヨガやピラティスで怪我をするというニュースを目にすることが増えてきました。身体に良いものであるはずのエクササイズで身体を痛めることが起こっていることは大変残念です。しっかりとした知識の下、運動の指導を行ってくれるインストラクターが増え、そして安全により効果的に個人個人にあったアプローチができる人が増えることを願っています。 2018年秋学期のスケジュールupdateしました。詳しくはこちらまで。

1308, 2018

身体運動学 2018春学期 最終日

By |August 13th, 2018|Categories: News|

4ヶ月かけて行った身体運動学のクラス、本日最終日でした。解剖学だけでなく力学的な内容もあり、難しかったかもしれません。専門用語ばかりの教科書を読むのも一苦労だったでしょう。そんな中、皆さんよくがんばって勉強してくれました。 自分一人の勉強では得られない知識を得ることができて良かったと言ってもらえて、やってよかったと思います。皆さんそれぞれのクライアントさんのセッションの時にその知識が役立ち、多くの方への助けになることを願っています。 プレゼントやカードまで、ありがとうございました! またこれからも、根気強くコツコツと、そして楽しく勉強していきましょう。   秋学期(9月末〜)同講座を開講します。詳しくはこちらまで。 触診法のクラスについてはこちら。

908, 2018

触れているものが何か、想像できますか?

By |August 9th, 2018|Categories: News|

ピラティスやジャイロトニックなどのエクササイズを指導する時、クライアントさんへのハンズオンをすることが多くあります。あなたが触れているその手の下にはどのような筋肉や骨があるか、イメージできるでしょうか。 わたし達の身体にはランドマークと呼ばれる骨などの隆起があります。これを目印にして、骨や筋肉などの位置を予測することができます。触れることを練習することで、解剖学的なイメージがより立体になってきます。 運動を指導する際には目的とした動きが起こっているかを見る目が大切です。特にヨガやピラティスのインストラクターは医療現場と異なりウェアの上から動きを評価することを求められます。触診技術を身につけ、骨や筋肉を正確に触れることができるようになることで、体表から骨や筋肉の動きを見る助けになります。 触診法のクラスを9月22日、23日に開催します。 ご興味のある方はこちらのリンクをご覧ください。 *すでに基礎的な筋骨格系解剖学の知識があることを参加条件となりますので、ご注意ください。 また、このクラスは治療を目的としたクラスではありません。ご了承ください。

1106, 2018

肺の風船を膨らませよう

By |June 11th, 2018|Categories: News|

休むことなく行われている呼吸。酸素を取り込む役目をする肺はどのようにして動いているでしょうか。肺は肺胞という小さな風船の集まりでできています。この肺胞が自ら膨らんでいっぱい空気が入っていくのを想像するかもしれませんが、実は肺胞は自分の力で能動的に膨らむことはできません。 こんな模型を作ってみました。ペットボトルの下を切り、底にゴムを貼ります。口の部分に緑の風船がついているのでペットボトルの中は密閉されています。オレンジのゴムを下に引くと、緑の風船が膨らみます。そしてオレンジのゴムが上へ戻ると緑の風船はしぼみます。 オレンジのゴムが下がる事でペットボトル内の容積が広がり、気圧が下がります。圧の低い方に向かって空気が入ってくるために、緑の風船が膨らみます。 このペットボトルは肺を入れている肋骨のカゴを表しています。緑の風船が肺胞、そしてオレンジのゴムが横隔膜です。外側の空気圧と比べて内側の圧が低いことを陰圧と呼びますが、肋骨のカゴの中は常に陰圧となっています。息を吸う時にはこの肋骨のカゴの容積が広がりさらに圧が下がることにより、肺胞が膨らみ、肺に空気が入ってきます。 (メルクマニュアル医学百科 家庭版より) 肋骨のカゴの容積を広げるために、肋骨が前後左右へと広がるように動きます。そして横隔膜という、肺のすぐ下にある筋肉が下がることによりさらにカゴの容積を広げてくれています。肋骨の広がり、横隔膜の動きを感じながら呼吸をしてみましょう。肺の風船の膨らみを感じられますか?

1405, 2018

ヒールを履く影響

By |May 14th, 2018|Categories: News|

脚を長く見せたい、おしゃれをしたい。そんな時にヒールを履くことがあるでしょう。ヒールを履くと”かかとの位置が高くなる”だけではなく、様々な影響が身体には加わります。 この図の左側は裸足で床に立っている状態。足関節のところが床と垂直となっています。真ん中の図は、もし身体が裸足と同じ状態で5cmのヒールを履いたとしたら、の図。5cmのヒールは足関節では20度上がった状態になるので、全身が20度前へと傾きます。しかし、身体はこのように前に傾いたままではいられないのでなんとかして床に対して垂直な状態へと適応しようとしたのが右の図です。膝が曲がって腰が反っているのが見えます。 このように、ヒールを履くと爪先立ちのような状態を保つことになります。足の下にはヒールの支えがあったとしても、股関節や体幹周りの筋力が弱く良い姿勢を保てない場合は、先の例のように骨盤を前へ倒して反り腰でアヒルのような格好になってしまったり、骨盤を後ろへ傾けて猫背になってしまったりしてしまいます。 (図はプロメテウスより) また、足関節の構造的にもヒールは不利な状況にあります。足首を起こした状態(=背屈)では足が左右に動きにくいのに対し、つま先を伸ばした状態(=底屈、ヒールを履いたような状態)では足が左右に動く量が増えます。これは、足首の骨である距骨(きょこつ)が前側と後ろ側で幅が違うために、底屈位では関節の遊びが大きくなるからです。ヒールの靴で歩くということは、常に足関節での遊びが大きい状態で歩くということになり、足関節を支えるための筋力も必要となります。 そして、8cm(3インチ)ほどのヒールを履くと、体重の9割がつま先側にかかるというデータもあるようです。ヒールの位置や足よりも上の姿勢によってこの割合は変化するでしょうが、フラットな靴であればかかと側とつま先側で支えられる体重が、随分と前へとシフトするのはイメージできるでしょう。つま先の付け根の部分にタコができたり、足のアーチが落ちてしまうのも、ヒールを履いている人で多く見かけます。外反母趾もヒールに関連して起こる場合があります。そして常に爪先立ちの状態なので、ふくらはぎの筋肉は伸ばされる機会がなく、短く硬くなってしまいます。 ヒールを楽しみたいのであれば、足のケアをしっかり行いましょう。そして、股関節や体幹周りのトレーニングも忘れずに。ヒールを履くなら美しい姿勢で颯爽と歩きましょう。 <参考文献・図の引用> Why Shoes Make “Normal” Gait Impossible by William A. Rossi, D.P.M.

705, 2018

あらぬ方向へ曲げてしまう力

By |May 7th, 2018|Categories: News|

2つの棒があります。一つは端に丸みがあり、もう一つは端が凹んでいます。この棒の端を合わせて押し合ってみます。お互いの棒が一直線上にあり、力が同じ大きさでお互いに向かいあっている場合は、この棒は動きません。しかし、同じ大きさの力であっても力をかける場所や方向性が違うと棒は動いてしまいます。例えば、下の図のように端が丸い方の棒を少し上から下方向にして押し合うと、棒が合わさっているところでは下向きにずれてしまいます。 膝関節というのは先の例のように長い大腿骨と脛骨に挟まれた関節です。股関節のソケットのように膝関節はカバーされておらず、構造的に不安定な関節です。そのため、半月板や靭帯などのサポートによって安定性を得ています。膝関節には大腿骨より上、つまり身体のほとんどの体重からの力がかかっていることもあり、股関節と足関節に挟まれた膝関節は靭帯損傷が起こったり、変形性関節症が起こったりと痛みや障害が起こりやすい部位です。 膝関節を180度よりも伸ばしすぎて(=過伸展)しまう、反張膝という状態があります。関節が柔らかい人で起こりやすい症状で、”膝を伸ばしすぎないように”とよく注意されているのを耳にします。しかし、膝を伸ばしすぎるのが意図的でないためになかなか修正できない場合が多いです。膝関節を安定化させてくれる筋肉のトレーニングをしても改善しないということもあるかもしれません。一つのケースとして考えられるのは、上半身から骨盤までの重さを脚へと伝えている部分である大腿骨頭の位置が膝関節より前にある状態。最初の棒の例のように体重による力が膝関節において大腿骨を後ろ方向へ押してしまう力として働くことで反張膝を作ってしまいます。 (図は『カパンジー機能解剖学』より) 反張膝は膝関節における前後方向での問題の一つの例でしたが、左右方向でも同じような状況が考えられます。私たちが地球上で生活をするのであれば常に身体の重さによる重力の力が地面方向へと働いています。その力をどのように支えているのか、そしてどのような力が関節に対して働いているのか。それを調整することによって不安定な膝関節も安定して動きやすくなります。

2304, 2018

骨の中の梁

By |April 23rd, 2018|Categories: News|

骨梁(こつりょう)という言葉を聞いたことがあるでしょうか。骨は硬いものというイメージがあるかもしれませんが、骨の断面を見てみると、内部はスポンジのようになっています。このスポンジのような網目状になっている部分は海綿骨と呼ばれ、また骨の表面にある密度の高い部分は緻密骨と呼ばれています。このように骨は密度を変えることで強さを維持しながらも軽さを保つことができるような工夫がされています。 (図は『カパンジー機能解剖学』より) 股関節を作る寛骨と大腿骨を見てみると、このような骨梁がいくつも隠れています。仙骨から股関節に向かっていくつか線が伸びているのが見えるでしょう。そして大腿骨の中にも骨梁の線が見えます。体重などの重さがかかるような部分では、力学的な負荷に耐えられるようにその方向に応じて骨の”梁(はり)”を作って支えているのです。つまり、重さや重力の力がかかる部分は自然と適応して組織を強くしてくれています。 逆に適切な負荷がかからなければ骨も弱くなってしまいます。寝たきりになると骨が脆くなるのはそのためです。宇宙飛行士が無重力空間で生活をすると骨密度が下がるということは良く知られています。骨密度や筋肉を維持するために、彼らは毎日2時間半の運動をしているそうです。骨を丈夫にするためには適度な負荷がかかることが必要となります。 股関節や膝関節が”すり減って”骨棘(こつきょく)ができることがあります。すり減るのは体重が適切に支えられていないために起こることが多く、骨棘を作ることで関節は接地面積を増やして対応をしようとしていると考えることもできます。関節をサポートするための筋力をつけることは大切かもしれませんが、体重がどのように支えられているのかをもう一度チェックすることも必要かもしれません。姿勢は見た目だけではなく、物理的な効率性にも関わっています。

1604, 2018

様々な形のエネルギー

By |April 16th, 2018|Categories: News|

身の回りには様々な形のエネルギーがあります。電気や熱のエネルギーだけでなく、物を動かしてくれる運動エネルギーのような力学的エネルギーもあります。高いところにある物は重力によって落下しますが、これも力学的エネルギーの1つで位置エネルギーと呼ばれています。糸に吊るされた重りをある高さで離すと振り子のように揺れが繰りかえされるのは位置エネルギーと運動エネルギーが転換されることを利用しています。 ばねによる弾性エネルギーも位置エネルギーの1つと考えられています。ばねに重りをつけた状態でばねを引き延ばして手を離すと、振り子のような運動が起こります。これはばねが伸ばされたことによって蓄えらた弾性エネルギーと運動エネルギーの転換を使っています。 カンガルーがぴょんぴょんと跳び続けても疲れないのは、この弾性エネルギーを上手に使っているからです(こちらの記事参照)。つまり、筋肉によるエネルギーだけではなく、筋肉を骨につないでいる腱がわずかに伸ばされることによって生まれる弾性エネルギーを使うことで省エネができるのです。 身体には筋肉と骨だけではなく、腱や靭帯、筋膜などの結合組織があります。能動的に動かす筋肉と異なり、結合組織は受動的に動かされます。つまり、結合組織は脳が指令を出して伸ばしたり縮まったりするのではなく、筋肉や関節など周囲が動くことによって結合組織は動かされます。化学エネルギーがたくさん必要な筋肉ばかりを使って動くのではなく、腱などの結合組織からの弾性エネルギーを使って動きをより効率的にしていきましょう。

904, 2018

身体の中のてこの原理

By |April 9th, 2018|Categories: News|

  てこの原理というと、 重たい物体を小さな力で持ち上げることができる、このような図を思い浮かべるでしょう。シーソーだけではなく、ハサミやくぎ抜きなど、てこの原理を使った物は身近に多くあります。シーソーのようなてこの場合、支点から作用点(重り)までの距離が短く、支点から力点(力を加える点)までの距離が長い方が力学的に有利となります。 てこは物だけではなく、わたし達の身体の中にもあります。首と頭をつなぐ関節もその1つの例。この関節を支点として、首の後ろの筋肉が力点、頭の重さが作用点(重り)と考えることができます。先のてこの例のように、頭の重さが支点の近くにあれば力学的には少ない力で支えることができますが、頭が前へ移動したような場合、同じ頭の重さを支えるためにより多くの力が必要となります。 スマホを使った時に起こるような”ストレートネック”は首に悪いということが良く言われるようになりました。良い姿勢であれば頚椎にかかる力は4~5kgであるのに対し、首が15度傾いた状態ではそれが2倍~3倍、45度も傾くと5倍近くになるというデータがあります。てこの原理を元にして考えてみると、負荷が大きくなりそうだということは容易に予測ができます。 わたし達の身体には他の物質、物体と同じように、様々な力学的な力が常にかかっています。今日から身体運動学のクラスが始まり今日は学生の頃に習ったような力学の復習をしました。身体の動きを理解しようとした時に、このような物理的な要素も含めて考えることで動きの分析に役立つのではないかと思います。8月まで長い期間ですが、楽しい学びの時間になるように頑張りたいと思います。

1802, 2018

身体運動学

By |February 18th, 2018|Categories: News|

この2つのモデル。 身体の関節の角度や胴体と脚の位置関係などは同じ状態です。しかしわたし達は地球上で生活をしているため、この2つの間には、単にモデルを90度回転したという以上の違いがあります。 1つ目のモデルは背中が床についています。それに対し2つ目はおしりが床についています。背中が床についているモデルの方がサポートしている面積が広いために安定します。寝ている時よりも立っている方が筋肉の働きが大きくなるのは想像できるでしょう。これには床に接地してサポートしている面積の広さが関わっています。 ピラティスのリフォーマーでは仰向けになって行う足・脚のワークも、チェアというイクイップメントでは座って行うことができます。座っている状態ではおしりの部分しか床についていないので身体を安定させるためには自分の身体の中でのワークがより必要となります。 わたし達の日常生活での動きを考えた時に、座っていたり立っていたり歩いたりと、身体が起き上がった(地面に対して垂直になった)状態での動きがほとんどです。チェアを使ったエクササイズに関して、身体のどの部分で支えているのか、そして身体に対して重力がどのような方向にかかっているのかを考えてみると、座位や立位で行うことが多いチェアのエクササイズは、実際の日常生活での動きに直接関係しているものが多くあります。 エクササイズを行う時の腕や脚の位置をどのように選択するか。座ってエクササイズを行うのと寝て行うのでは、どのような違いが生まれるのか。身体運動学のクラスでは、各関節に関わる運動学だけではなく、運動を行う身体に関わる力学的な視点からも運動について学んでいきます。

1202, 2018

少しずつ再開します

By |February 12th, 2018|Categories: News|

立春が過ぎて暦の上では春。梅の花も少しずつ開いて街が色づいてきました。 こちらのブログはしばらくお休みをしていましたが、大学院の修士論文の提出や発表も終わり、ひと段落したこともあり、また少しずつ再開をしていこうと思っています。 大学院では身体感覚、特に関節の位置に関する感覚についての研究を行っていました。臨床や日々のセッションの中で感じていた疑問に一つ示唆を与えてくれるものとなりました。こちらについてはまた時期が来たらお話できればと思います。 また、2月よりknitido+のアンバサダーをさせていただくことになりました。knitido+の靴下は機能的に考えられ、丁寧に作られた5本指靴下です。この物を通してwellnessが広がっていくことを願っています。3月に行われる展示会の後、3月17日(土)の午前に足に関するワークショップを担当させていただきます。午後にはヨガ・ピラティストレーナーの堀井祐介さんとジョギングトレーナーの金城みどりさんのワークショップも開催されます。素敵なブランドサイトと合わせ、ぜひチェックしてみてください。   これまで一旦お休みさせていただいていて新規の方のご予約やワークショップなどの講師のご依頼も再開致しますので、ご入用の方はご連絡ください。

COURSES

EVENTS

LATEST NEWS

Join Many Students Enjoying Movement Education Now

Become Part of AJMEA to Further Your Career.